TSR株式会社

TSR株式会社
お客様のITシステムにとって「安心」が
最も重要な基準だとTSRは考えています

〒105-0012
東京都港区芝大門2-3-6 大門アーバニスト6F

お気軽にお問い合わせください

03-5402-5090

社員インタビュー

Interview

HOME > 社員インタビュー > エンジニア S.A
【2015新卒社員インタビュー】
タスク管理の重要性を感じています。

エンジニア S.A

IT関連の学校を経て、2015年新卒採用でTSRに入社。 就職活動の初期からインフラエンジニアを目指し、説明会へ参加する企業を絞り込む。
現在はお客様先に常駐して業務をこなしながら、インフラエンジニアとして着実に経験を積み重ねています。

Q

学生時代、どのような就職活動をしていましたか?

A

就職活動を始める段階で「ネットワークエンジニアとして働きたい」という気持ちが強くありましたので、エンジニアを募集している企業に応募しようと考えました。

ただ、システムエンジニアという職種の中には、システム開発業務(プログラマ等)とインフラ設計構築業務(インフラエンジニア)が混在している場合もあり、自分の希望が叶うとは限らないという不安がありました。

そこでインフラ業務に強い企業に絞って企業の説明会へ参加する中、インフラに特化しているTSRを見つけました。

Q

TSRに入社を決めた理由を教えてください。

A

社内イベントに参加した際、雰囲気が良いなと感じました。 また、常駐先が変わることにより様々な仕事が経験でき、幅広い知識や技術を習得できると思ったので入社を決めました。

Q

新入社員研修はいかがでしたか?

A

今年度の新人研修はWebサーバーとDNSサーバーの構築を行いました。同期の人たちと協力しながら構築して、構築手順書を完成させたときは達成感を味わうことができました。

Q

実際に入社してみて、どんな会社だと感じていますか?

A

仕事はするときは仕事をする、遊ぶときは遊ぶといったメリハリのある会社だと思います。 昨年、社内イベントのバーベキューに参加した際は、参加している社員の皆さんが気さくで話しかけやすかったです。

Q

学生の時とは全く違う環境で半年以上過ごしてみて、どんな感想をお持ちですか?

A

仕事では同時並行で様々な業務が発生してくるため、タスク管理の重要性を強く感じています。

学生の時にはタスクを管理するということがありませんでしたが、現在は業務において「どのタスクが優先度高いのか」「期日はいつまでなのか」といった点を踏まえて、日々タスク管理していく必要があります。

慣れるまでは大変ですが、タスク管理ツールを使いながらなんとか管理しています。

Q

学生時代の社会人のイメージと、実際に社会人になってみた今とでは、どのようなギャップを感じていますか? また、そのギャップをどのような方法で克服しましたか?

A

学生の頃は、最初からサーバーやネットワーク機器の構築など技術的な業務に携われるのかなと思っていましたが、現場に配属された直後は見習い期間ということもあって、構築よりも設計書や手順書などドキュメントの作成が多いなと思いました。

特に設計書の作成はわからないことが多く、その都度他の案件のドキュメントを参考にしたり、周りの人に質問するようにして、自分の中でできるだけ不明な点をなくしながら設計書を作成しました。

Q

学生から社会人へと環境の変化に適応していくなかで、苦労した点はなんですか?

A

敬語の使い方には苦労しています。
学生の頃は特に意識せず敬語を使っていましたが、実際に働くようになってからは自分の敬語の拙さを痛感することがありました。

今では状況や立場を考え、不自然な敬語になっていないか意識しながら話すように心がけています。

それでも日々疑問を感じることがあるので、そのときは他の方が作成したメールや周りの会話を参考にしながら、正しい敬語が身につくようにしています。

Q

現在はどんな業務を行っていますか?

A

WAF(Web Application Firewall)やDNSセキュリティのアプライアンスの設計、構築を主に携わっています。 今後はクライアントPCに導入する標的型攻撃のセキュリティ製品の構築等にも携わる予定です。

Q

仕事をしていて、いちばん楽しかった事や嬉しかった事はなんですか?

A

運用手順書を作成していたときは楽しかったですね。
ある程度運用手順書に乗せる項目は決まっていたので、それを元にどんな風に手順を書けばわかりやすいか、自分なりに工夫して考えながら作成していたときは集中して楽しく作成していました。

Q

仕事をしていて、いちばんつらかったことはなんですか? また、そのつらい状況をどのように乗り越えましたか?

A

ある案件で自分がWAFチームとしてWAFを構築後、他のチームが構築したスイッチやLB(負荷分散装置)などと一緒に正常に通信が通るか確認した時です。
その時はネットワーク的に問題が生じて2時間ほど通信の確認が止まってしまい、通信が通るようになるまで待っているのがつらかったですね。

Q

今後、どのようなエンジニアになっていきたいですか?

A

現在、セキュリティの業務に携わっているのですがセキュリティについてまだまだ知識不足なので、セキュリティについて勉強しながら、自分のチームで担当している製品を構築できるエンジニアになりたいです。

Q

いま、就職活動をしている学生の皆さんにひとことアドバイスをお願いします。

A

就職情報サイトに掲載されている何千社の中から、
自分が「いきたい!」と思えるような企業を見つけだすのは、なかなか難しいと思います。

就職情報サイトの企業ページや企業の採用情報ページを見て、直感でひとつでも「あっ、いいな」と感じることがあったらその企業の説明会に行く価値はあると思います。

実際に足を運ぶことで、様々な発見があるはずです。